カンジダにかかり初めて、婦人科に行きました。

俺がカンジダになったのは、月の物の週間今しがたでした。
肝要の不満で素晴らしく疲れている状況でした。
繊細辺りが異様にかゆく、肝要の時もじっとしてられないくらいのかゆみでした。
また、いつもと違うおりものが出てきました。
インターネットで異常を調べると、カンジダの異常に似ている・・・と思い、近くの女子科を探しました。
肝要の都合で、診療に行けたのはかゆみが発生してから3太陽後でした。
おバスの時体手ぬぐいでごしごしこすってしまったので、少し切れた雰囲気もありこれ以上我慢できないと思い、肝要が終わってからすぐ女子科に向かいました。
初めの産婦人科だったので、適当もわからず不安でしたが、喜ばしい教官に巡り合えたと思います。
カンジダかどうかは診察しないとわからないが恐らく引っかかるので、その場で洗浄し、錠剤を入れてもらいました。
まずは3太陽食い分ので、エンペシド錠剤ってチンダベート軟膏をもらって、その日は帰宅しました。
あれほどかゆかったのに、翌朝にはかゆみは収まっていました。
それから3日間は自分で錠剤を入れてすごし、3太陽後に再診しました。
まだ結果はでていませんでしたが、かゆみが収まったのであればほぼほぼ請け合いので、またクリーニングといった錠剤、3太陽分の錠剤をもらい帰宅しました。
月の物間隔も伝えており、3太陽の間に月の物がきてしまったので、3回目の診療はそれから週間半後でした。
その位には成績もでており、原則カンジダで請け合いとのことでした。
その日もクリーニング、錠剤をいれてもらい、錠剤挿入が計10回とのことで、残りの錠剤をもらって女子科の診療は終わりました。
初診料含めて、診療3回で主流6000円も行かなかったと思います。
原因は恐らく、ナプキン、おりという席順をあまり変えなかったことではないかと思い、それからは通気を鋭くし、湿度を高めないためにも、ナプキン、おりという席順を適度に変えて清潔にしています。
今再発もしていないので、先々気を付けて過ごしていきたいと思います。
(ゾーン:大阪府豊中市宝山街 姓名:K・I氏)



広告

タグ:


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。