カンジダの痒さをエンペシド膣錠、アスタッド軟膏で治しました。

勤めで疲れてはいたものの、ほとんどカラダが悪いというわけでもなかった時に、ある日俄然あそこに凄い痒みを感じました。
オリモノも白いポロポロとしたものが長時間出てきて、これはもしや・・・としてネットで調べてみたらやっぱり「カンジダ」。
初めてなったのですが、その痒さに驚きましたし、WEBに書いてある通りにカッテージチーズのようなオリモノが大量に出てきて正に驚きました。
直ちにかかりつけの奥さん科に行きました。
医者も見ると直ちに「カンジダですね」といった診断して、膣未満浄化を通じてくれました。
また、抗真バイ菌のエンペシド膣錠を膣内に入れてもらい、抗真バイ菌のアスタッド軟膏をもらって帰ってきました。
痒みは何だか簡単にはとれませんし、夜も眠れないくらいにこそばゆいです。
でも、1週間くらいでなんとか減りました。
医者のよるという、膣未満は鈍感だから痒みがないのですが、カンジダバイ菌が外に出てくるので陰部が猛烈に痒くなるのだとのことでした。
カンジダバイ菌は常在バイ菌で、膣未満のバイ菌の実情が崩れると再発しやすいということでしばらくビクビクしていました。
その後はなるべく向こうを洗う場合は石鹸を使わずにお湯だけで洗うようにしたほうがいいといったわかり、そうしています。
できるだけ乾きさせたほうがよろしいようなので、綿のズボンをはき、通気性を鋭くしたほうがいいですね。
また、善玉バイ菌をよく摂るようにして耐性を決めるようにしています。
あの痒みはもうもっと積み増したくありません・・・。
(秋田県内秋田市 ウォンバットくん)



広告

タグ:


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。