Archive for the ‘テルビナフィン塩酸塩クリーム’ Category

膣カンジダはテルビナフィン塩酸塩気クリーム(ラミシールクリーム)で治しました。

1月 1, 1970

【注目執筆】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。
ボクは、ダディと死別をしておりますので、暫く性調整などはしていなかったのです。
但し、昨年の夏にどうにも陰部がかゆいなと思っていて楽しいと考えていました。
忙しさにかまけて自分でボディーをケアするなどをしましたが、かゆさは日増しにますばかりだったのです。
あまりのひどさに、患部がかゆくてふるえがきてしまうほどでした。
さらに、分娩はしていませんが、マミー科系の疾病の経験があるために、産婦人科への通院は反発がありません。
そのため、思いきって、近所の産婦人科を受診したのです。
今までのいきさつを言いだしまして、診査をおこなって「レスタミンコーワクリーム1%」という薬の処方箋(かゆみどめ)してもらいました。

そうして、数日後に診査契約を聞きにいったら、カンジダバイ菌がいて驚きました。
ドクターの概要では、誰でもカンジダバイ菌はもっているとのメッセージだったのです。
それが何かのストレスで、体の勢いがカンジダバイ菌を減じきれずに、増殖してしまいかゆみなどをひきおこすといった概要をうけました。
今は便利なものがいらっしゃるもので、先生が7日間、カンジダバイ菌を潰す薬を患部にいれてくれたのです。
そして、ラミシールジェネリックのテルビナファン塩酸塩クリーム1パーセンテージ「サワイ」という薬を「むず痒い」時に患部につけてほしいといった指導をうけました。

ウィークぐらいきちんと加勢をしてなおりました。
そしたら、通気性のよい下着、ストレスがないやりくりを心がけています。
カンジダ症一度おこしたら再発してしまうことも多いといったインターネットで記載されていましたので、またかゆみがでたら病院を受診することを考えています。
(愛知県内、夕方ちゃん)
>>カンジダ抗菌クリームはこちらで購入できます。