Archive for the ‘フェミニーナ軟膏’ Category

お股が痒い!カンジダは市販のフェミニーナ軟膏Sで治しています。

1月 1, 1970

女性が特別起こりやすい繊細部分のバルクと言っても過言ではない「膣カンジダ」。
よく性感染症って錯覚しがちですが、カンジダは常在黴菌の一種なので、耐性が低下した時や抗生ものを長く服用した年月などにも発症します。
私の場合は、抗生ものの取り入れや、少し月の物が長引き、月の物行動ナプキンによる期間が長いと発症します。蒸れがわけなのでしょう。
「ん?お股が痒い!」という思ったら、直ぐカンジダを疑います。
他の性感染症である場合もあるので、ちゃんと婦人科に受診してわけを突き止めるのが一番なのですが、ぼくは何たびかなった事があるので、事象で判断してしまいます。
ありものが酒粕のようなボソボソした物で、膣の身の回りが徐々に痒くなっていきます。おりものに臭気がなければカンジダではないかと判断します。
残り委託せず、多少なりともむず痒いと感じたらアッという間に薬を塗ります。
ぼくは市販されているフェミニーナ軟膏Sをいつも利用しています。非ステロイドで低糧なので、使っていて安心です。
薬屋で手軽に購入出来るので、やましい事もありません。
カンジダになった時は石鹸や人体ソープで陰部は洗わず、優しくお湯で洗う間近にします。
お湯船上向きにこそばゆい部分にフェミニーナ軟膏Sを塗布するだけです。
印象も臭くないですし、ベタつきも無く、とっても使いやすい軟膏です。
お湯船上向きや日中に痒みを感じたら数回塗布しています。外出時もタブレット行える大きさなので安心です。
虫さされや蕁麻疹などにも効能があるようなので、陰部の痒みだけでなく利用できるので一石二鳥です。
(静岡県内静岡市 M.H氏)
※この記事は個人の意見です。
フェミニーナ軟膏Sはかゆみを止めて受け取るお薬ですが、抗菌剤ではないので、カンジダが癒えるとは限りません。
できるだけ、カンジダ黴菌用の抗菌クリーム(軟膏)のご消費をおすすめします。




かゆくてたまらないカンジダを出荷薬のフェミニーナ軟膏で治しました。

1月 1, 1970

俄然だったのです。
俄然恐ろしいかゆみに襲われました。
今までそんな事はなかったのに、きっと疲れがファクターだったと思います。
それがカンジタだとわかりました。
聞いたことはあったのですが、まさか実際我々がなるとは思ってもいませんでした。
少しかゆいなと思って、気づいたらもっとかゆくなっていたのです。
鏡で見たら真っ赤になっていました。
我々は書き込みで調べて、アッという間に薬を買いに行ったのです。
本当は病舎へ行ったほうがいいのでしょうが、恥ずかしくて行きたくなかったのです。
そんな時、フェミニーナの事を知ったのです。
軟膏なので塗りつけるだけでいいのです。
非ステロイドなので、安心して直るまで使い続ける事もできました。
威力があったので、思ったよりも少なく治ったみたいです。
我々はかゆみが治まったのが三日光ほどでした。
それでも敢然と癒えるまで、最初週間は塗り続けたのです。
途中で止めるという、きっとまたかゆみがぶり返すと思ったからです。
塗った感触もヒリヒリする事もないし、べたつく事もありませんでした。
ですから我々はワンデイ三回ほどは、塗り続けたいたのです。
少しむず痒いなと思ったら、早めに塗ったほうがいいと思います。
私の場合は、かゆみがひどくて炎症を起こしていたステージだったのです。
二度と早めに使っていたら、きっとずっと早くに治っていたかもしれません。
今では疲れたら敢然と休むようにしています。
そうして履いておる下着も四六時中、清潔なものをつけるように心がけているのです。
(三重県四日市市 ななみんちゃん)



カンジダ症は病院で処方してもらったオイラックスで治しました。

1月 1, 1970

【ブームニュース】再発するカンジダ膣炎を格安の出荷薬で治しています。
身がカンジダ症になったのは、結婚して間もない位でした。
凄い痒みがあり、それがおりものがあると一斉だったので、モチベーションが酷くすぐ産婦人科へ行きました。
診療を通じて、「カンジダです。性交先輩にしか見られない病です」と言われましたが、初めて訊く病名でするどくわかりませんでした。
※用務員注、カンジダは性交先輩以外でも感染する病です。
薬は、膣の中に混ぜる座薬って、塗り薬としてオイラックスが処方されました。

膣に来れる薬は1日1回で3お日様食い分、オイラックスは1日3回塗りつけることになっていましたが、痒みが著しい場合は塗って素晴らしいということでした。
その頃は働いていたので、仕事中も痒み出た時は、トイレへ行って薬を塗りました。
また、カンジダの座薬は溶けるという白い材料が下着に下りて来るので、ふと困りました。
月の物用のナプキンを引き当てると良いと思います。
膣の中に入れる座薬のヒューマンのネーミングはわかりませんが、カンジダ細菌を殺すものだということでした。
1週程でもう一度診療を通じて、細菌が無い事が伝わり、治癒しました。
医師の話では、夫も診療を受けた方がいいんだけどね、とのことでしたが、殊にきつく言われなかった所為か、夫は病舎へは行きませんでした。
医師の素材から、感染発祥は夫だったようです。
中にはカンジダを増やす人間もいるそうですが、取りあえず市販のオイラックスやフェミニーナ軟膏を塗って痒みを抑えても、必ず病棟で診療をして貰う方が良いと思います。
ひとまず、その痒みがカンジダかどうかを診療し、また薬をつぎ込み終った次、確実に細菌が無くなっているかの再診療も必要だからです。
(埼玉県内 ツタン達ーめんちゃん)
>>オイラックスの買い付けはここ



カンジダになった時は病院で作り方された薬や市販薬で治療しています。

1月 1, 1970

自身はカンジダ常習犯で、今までに三度カンジダにかかっています。
初回は役割が大変忙しく、熟睡もろくに取れておらず精神的な負荷も非常に大きかった際といった記憶しています。
その一度で癖がついてしまったのか、二回まぶたといった三回まぶたは受胎中にかかってしまいました。
受胎中頃はただでさえカンジダになりやすいようなので、完全に癖になってしまったのですね……。
三回とも共通して、おりものが白くポロポロすることと、陰部に痒みがあったので、何とも自然治癒では治らないなと想う不調でした。
初回はかかりつけの母さん科に行き、二回まぶたは妊婦検診時にレクチャーあり、三回まぶたは次回の妊婦検診まで日が開いてしまったときの発症だったので、市販のケアで治しました。
初回と二回まぶたは病院で処方箋された膣錠を最初週間取り分使い、三回まぶたは市販のフェミニーナ軟膏って、同じくフェミニーナ膣錠を最初週間取り分(最初ケース)をつぎ込みました。
販売薬の軟膏って膣錠は合計で3000円程かかってしまい、病院にかかるのとどちらが安っぽいかくらいの売り値だったので、次回の検診を待たずにすぐ病院へ行ったほうがよかったなと少し後悔しました。
いつの時も凡そ膣錠を活かし着るタイミングの最初週間で完治しています。
膣錠を使い始めるとすぐに陰部の痒みが治まってきて、気がつくとおり雑貨もいつもと同じようになっているのが三度とも均一です。
体の景況が変わるというカンジダにかかりやすいような気がするので、なるべく負荷は見せず、熟睡をじっくり食するようにはいつも心がけています。
(長野県佐久市 みかこ様)