Archive for the ‘フレディ’ Category

カンジダは2回目からは販売薬で治しています。

4月 1, 2014

初めてカンジダになった時はびっくりしました。
朝方起きて小便した残り、おりものの量が多くて、白いカスのようなものが沢山出てきたのです。
すぐに「疾患だ」という通常もわかりました。
その当時20才で性行為など全くあてになることはありませんので母科もその趣旨伝えました。
ですが、その1週前に様態を崩していて抗生剤を服用していたことを言うと原因はそれだと言われました。
耐性が落ちて、素晴らしいバクテリアまで抗生剤で殺してしまったに関してでした。
検査といっても、薬を入れてもらって、ビタミン剤を飲むだけです。
それで完治したのですが、カンジダというのは体力が落ちた時に再発しやすいのです。
後日、2都度ほどカンジダが悪化したことがあります。
わざわざ医院でなくても自分で薬を使えば癒えるって経験上わかっているのでドラッグストアで販売薬を買っています。
メンソレータムフレディCCクリームという塗り薬って膣に含める錠剤という2種類購入しました。
これは薬剤師の側から「過去に医院でカンジダの検査を受けた事実がおありですね」と確認されて後日購入できる薬です。
それと同じ塗り薬もフェミニーナ軟膏はカンジダの手当ではないので注意が必要です。
本当は俺は最初、間違えて購入してしまいました。
メンスなど蒸れて痒いなどには非常に好ましい薬だと思いますが、カンジダはカンジダ用の手当でないとかゆみを押えることはできません。
経験した側ならお行渡りだと思いますが、カンジダのかゆみはとても我慢できる感じではありません。
ですから、俺は治っても塗り薬はトイレに常備しています。
(福岡県北九州市 チョコレートさん)



広告

カンジダにかかったらフレディCCで治しています。

1月 1, 1970

【信望執筆】再発するカンジダ膣炎を格安の販売薬で治しています。
自分がカンジタにかかった折、使った薬があります。
それは販売薬のフレディCCです。
それはクリームジャンルの薬ですが、アップが良くて効き目が直ちに出たのです。
カンジタだとわかったのは、そのニオイとかゆみでした。
今までかいだ定義の、とっても硬いニオイだったのです。
そうして粘り気のあるおり代物も出てきたのです。
今まで乏しい異常だったのです。
病院へ行くにも照れくさいので、自分なりに調べてみたのです。
するとこれはカンジタだと直ちにわかったのです。
では特別気になるかゆみを落としたかったです。
だから直接つけるクリームジャンルのものを通じてみたのです。
フレディCCは使い続ける事で、バクテリアを殺してくれるのです。
だからかゆみがなくなったといって、直ちに扱う事をやめてはいけないのです。
早めにかゆみはひきましたが、でもゼロ週間ほど塗り続けたのです。
もうもっとカンジタにならないように、自分はプロテクトをするようになったのです。
消耗もあったのでしょう。
そうして不潔にしていたのもいけなかったのでしょう。
自分はお風呂に入っても、敢然と体の隅々まで洗う事はありませんでした。
いつもカラスの行水なので、きちんと丁寧に洗う事はなかったのです。
だから石鹸を敢然と泡立てて、隅々まできれいに洗う点にしたのです。
肌着も通気性の良いものを選んで、塗りつける点にしました。
そうするだけで、カンジタをプロテクトできていたのです。
こんなにも効き目を見える塗り薬ははじめて使ったのでした。
(三重県四日市市 かおりくん)
【信望執筆】再発するカンジダ膣炎を格安の販売薬で治しています。



性器が痒くなったらカンジダの塗り薬(フレディCCクリーム)を塗って治しています。

1月 1, 1970


3層前から、カンジダに悩まされています。
何か素因があったわけではないのですが、ともかくオチンチンが痒くなって、お後ろめたい談話、掻いても掻いても…というか掻けば掻くほど痒みはひどくなる一方です。
ヨーグルト状のおり手法も、じゅくじゅくと出てきてしまいます。
セックスをすると、あそこのすれにより、痒みや苦痛がひどくなってしまいます。
対処方法ですが、ついつい先日まで低容積ピルを飲んでいて、半年に一度ピルのレシピや定期検診で女性・病舎に通院していたため、そのついでにアイコザールクリームを処方してもらっていました。
通院時にちょうど痒みがあるときは、内診のついでに膣剤も入れてもらっていました。
妻科に通院されているヤツは、時時痒みが出るので、というと一緒に処方してもらえます。
病棟によっては、痒みが出ていないと禁忌!とか、膣剤を入れて殺菌して、完治するまで通って!と言われますが、私の場合は不定期に痒みが出てしまうことと、軟膏で痒みが治まることが多い結果、処方していただけてました。
もし妻科に通院されていないヤツでも、カンジダが気になるヤツは、これをきっかけに子宮がん検診など、妻科謙信を定期的に受けてみてもいいのかもしれませんね。
因みに、ピルを飲んでいない今は、薬舗でフレディCCクリームを購入しています。
このフレディCCクリームは第一類医薬品で、薬剤師くんがいる薬舗でないと購入できない結果、いざカンジダが出たときにアッという間に入手できない可能性があります(悪夢の経験あり)。
そのため、前もって購入しておいて、普段からポーチに入れて持ち歩くことをおすすめします。
ぱっと附けるだけでもなんとなく安心してしまう…。
(長野県 なつこくん)