Archive for the ‘メディトリート’ Category

メンスの時にカンジダになると常備やるメディトリートクリームを塗っています。

1月 1, 1970

【名物報告】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。
ぼくはひと月きちんと月の物があります。
いつも音量がとっても多くて、ナプキンを取り換える事が大変なのです。
だから面倒な時には、替えずにそのままにしていたりするのです。
そのせいでカンジダになった事もありました。
きちんと清潔なナプキンをつけていなと、アッという間にカンジダになってしまうのです。
けれどもぼくには救世主があります。
それはカンジダの塗り薬なのです。
カンジダに何とも効果のある塗り薬があるのです。
ぼくはいつだって常備しているのです。
カンジダになる時は、いつも月の物の時なのでぼくはそのたびに塗り薬を塗っています。
これが結構効果があるのです。
カンジダになってしまうと、とってもかゆくなってしまいます。
それでもこのメディトリートクリームを、患部に然りといったぬっているとかゆみがなくなるのです。

結構手早く治まるのです。
それでもカンジダになったからと言って、そのままにしておくといつまでたっても治る事はありません。
カンジダは結構厄介なので、早めに治さないとまた繰り返してしまうのです。
殊にかゆみが結構ひどいので、なるべく早めの処理がいいでしょう。
毎月のようにカンジダになっているので、ぼくは月の物になったら早めにこのメディトリートクリームを塗り付けるようにしています。
ぼくはそうやって防止をしていないと、アッという間にひどいかゆみに襲われてしまうのです。
そうしてナプキンを清潔にする事で、カンジダになる事もなくなってきました。
トイレに頻繁に行って、ナプキンを差し換えるようにするようになったのです。
(三重県内四日市市 ななこさん)




カンジタ症は市販薬のメディトリートクリームで治しています。

1月 1, 1970


ぼくはよくカンジタ症が再発します。
かゆくなったり、おりものが多くなるのです。
そうして恐ろしい時には排尿時に痛みを感じるのです。
そんな時は、思い切り炎症を起こしているという局面が多いです。
そうして性交渉をした時は、一段と苦痛を感じてしまうのです。
カンジタ症になったら、すぐには治りません。
その時のために、いつもカンジダの薬を持ち歩いているのです。
それは患部に自ら塗る商品のものです。
かゆみがある局面、少しおかしいといった気付いた時には必ずその塗り薬を使うようにしています。
初期が肝心なので、少しでも一大事に気づいたら直ちに使うようとしています。
ぼくが訴えるメディトリートクリームは、べたつかなくて患部にもすーっって塗り広げ易くなっているのです。
それをワンデイ二回か三回使うようとしているのです。
即効性があるものではないので、直ちに効果はありません。
だから少しでも胡散臭いと思った局面、直ちに使うようにぼくは持ち歩いているのです。
カンジタ症の処置は、自分で敢然と把握していればちゃんと直す事だってできるのです。
カンジタ症は再発をします。
せっかく治ったと思っても、またかかってしまうのです。
ぼくはその繰り返しを何度も経験しているのです。
かゆみがひどいと、直ちにかいてしまいますがそれがもっとカンジタ症をひどくしてしまっているのです。
薬を敢然と使って、ちゃんと治す事をしないとまた直ちになってしまうのです。
そう繰り返さないためにも、薬は持っていたいです。




再発を繰り替えすカンジダを市販のメディトリートで治しています。

1月 1, 1970

初めてカンジダにかかったのは30歳の時。
業務で忙しくしていたひとときに飲み会でたらふく飲んで食べた次の日の朝、繊細ゾーンの灼けるような痒みとカッテージチーズ氏のおりものにただごとではないことを直ぐ感じ、その日は日曜だった結果月曜日に即お母様科をお越し。
不調だけ聞いてドクターの「まず間違いなくカンジダでしょう」とのお越しでその時は膣材といった塗り薬をレシピされ直ちに治りました。
そのインストラクターは具体的に何も解説されなかったのですが膣材は入れた数日後に溶け出してインナーにべったり汚れ(白いおりもの氏のもの)が付くので僕はとてもびっくりしたのですが、後日何度かかかった際はそれが薬だということを知ったので最初からメンス限定ナプキンを着用していました。
初めての時は何の薬を使われたのか覚えていませんが、後日再発を増やすようになったので都度医院はお越しせず薬屋で第一種薬品を扱っているところで販売薬を購入しています。
大正製薬のメディトリートシリーズとしています。
受領の際は「過去にカンジダにかかってお越しを受けたことがあるか」ということを確認されます。
初めてかかった場合は必ず医院お越しが良いと思います。
更に販売薬において1週経過しても治らない際は必ず病院を受診することも伝えられます。
私の実例疲弊がたまった事例、暴食が続いたとき、インフルエンザで薬を飲んだ後によくなりますが、糖尿病魔の方も再発を増やすといわれています。
頻回になるお客は糖尿病魔の診断も必要かもしれません。
(島根県松江市 おきらくごくらくんくん)