Archive for the ‘モニスタット’ Category

妊娠中にカンジダに罹りモニスタットで治しました。

1月 1, 1970

【人寄せ文】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。
米国在住なのですが、国中へ里帰り中にカンジダにかかってしまいました。
ちょうど懐妊5ヶ月の時でした。
普段からオリ雑貨の変色がインナーに引っ付くのが不快で、パンティーライナーを愛用しています。
それが原因で、ムレてしまったのかといった出だし思っていました。
さっそく、ナプキンで被れたときの様な、痒くて、痒くて所作無かったです。
インナーには、いつもと違うオリ雑貨が付着する様になり、トーンはまばら黄緑色っぽかったです。
カッテージチーズみたいなポロポロの粕が出る様になりました。
ニオイは殊に意思にはならなかったのですが、痒みがたまらなくなり、病状をネットで調べたら、カンジダだと分かりました。
妊婦ちゃんに多いのもうりだそうで、取り敢えず薬局へ薬を買いに行きました。
塗り薬で雰囲気を見ようって、購入して活かし始めたのですが、効果は全くありませんでした。
飲み薬は、懐妊内側なので胎児に影響があるのではないかと不安で使いたくなかったのと、本当は、異国在住だった結果、日本でのカラダ保険が未関与で、日本の産婦人科にはかかりませんでした。
錠剤のカンジダの薬は、市販デリカシーは、過去にドクターの来院・診察を受けたことがある事例のみ保持が可能だそうで、初めての我々は製法もありませんし、仕方なく米国にいる旦那にカンジダの薬を送ってもらいました。
米国では、モニスタットというカンジタ膣炎の加療が有名で、懐妊内側も使用可能なのと、ドクターや薬剤師も推進しておる商品があります。
膣の中に投入始める卵部門の錠剤なのですが、効力は抜群です。
これを旦那に米国から日本のうちに送ってもらいました。
何階級かあるのですが、我々が送ってもらったのは1器物だけで、日本円で900円ほどです。
特急で送ってもらったのですが、とどくのに5日間ほど要したと思います。
その送料が日本円で4000円程でした。
到着するまでの間隔、多少なりとも病状を可愛らしくしようと、膣掃除を常々行いました。
悪賢いお喋りで申し訳ないのですが、カッテージチーズの粕の様な白い産物が大量に、掃除剤と一緒に洗い流されて出ました。
毎日行う事で病状は多少マシになりましたが、時間が経つと痒くて所作無かったです。
薬が届き、膣の中に投入してからは、楽になり、2日間位で完全に治りました。
カンジダは1度かかると、再発すると聞いた事が残るのと、懐妊スパンはまだ続くので、こまめに患部を洗うのと、パンティーライナーの取替えを頻繁に行いましたが、米国に戻ってから、2回ほどまたかかりました。
同じ薬で2度とも治しました。
産後は1度も再発していません。
(所在地、アメリカ合衆国 ペンネーム、明日なさん)
【人寄せ文】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。



広告