カンジダの痒さをエンペシド膣錠、アスタッド軟膏で治しました。

4月 1, 2014

勤めで疲れてはいたものの、ほとんどカラダが悪いというわけでもなかった時に、ある日俄然あそこに凄い痒みを感じました。
オリモノも白いポロポロとしたものが長時間出てきて、これはもしや・・・としてネットで調べてみたらやっぱり「カンジダ」。
初めてなったのですが、その痒さに驚きましたし、WEBに書いてある通りにカッテージチーズのようなオリモノが大量に出てきて正に驚きました。
直ちにかかりつけの奥さん科に行きました。
医者も見ると直ちに「カンジダですね」といった診断して、膣未満浄化を通じてくれました。
また、抗真バイ菌のエンペシド膣錠を膣内に入れてもらい、抗真バイ菌のアスタッド軟膏をもらって帰ってきました。
痒みは何だか簡単にはとれませんし、夜も眠れないくらいにこそばゆいです。
でも、1週間くらいでなんとか減りました。
医者のよるという、膣未満は鈍感だから痒みがないのですが、カンジダバイ菌が外に出てくるので陰部が猛烈に痒くなるのだとのことでした。
カンジダバイ菌は常在バイ菌で、膣未満のバイ菌の実情が崩れると再発しやすいということでしばらくビクビクしていました。
その後はなるべく向こうを洗う場合は石鹸を使わずにお湯だけで洗うようにしたほうがいいといったわかり、そうしています。
できるだけ乾きさせたほうがよろしいようなので、綿のズボンをはき、通気性を鋭くしたほうがいいですね。
また、善玉バイ菌をよく摂るようにして耐性を決めるようにしています。
あの痒みはもうもっと積み増したくありません・・・。
(秋田県内秋田市 ウォンバットくん)



カンジダになりオキナゾール腟錠600mgを腟の中に入れてもらいました

4月 1, 2014

女性は膀胱炎になりやすいといいますが、ある時私も膀胱炎にかかりました。
抗生物質を飲んで3お日様瞳、膀胱炎のトラブルがかなり良くなってきた時に、なんだか急にどうにもならないくらいおしもがかゆい!!
しかし仕事中だしかゆいそぶりもできない!!
お手洗いで肌着を見るとぼそぼそとしたおりという…これはカンジダだと思ったものの、仕事中なのでともかく根気。
但し根気すればするほど気が狂いそうなほどかゆくてかゆくてなんにもならず、もちろん手をつっこんで掻く目論見にもいかないし(笑)!
夕刻産婦人科へ駆け込みました。
診察の結果はやはりカンジダでした。
オキナゾール腟錠600mgを腟の中に入れてもらいました。

1錠でウィーク影響が持続するということでしたが、入れて数時間でかゆみはぐっと楽になりました。
ちなみに薬が効き出すまでの数時間は家でモゾモゾしていました(笑)。
かかった富は、1000円くらいだったような。
ほとんどが初診料で、薬代はいくらもしませんでした。
たぶん100円ぐらいかな。
また抗生物質を飲むとカンジダが再発しそうな気がするので、今はそもそも膀胱炎にならないようにしよう!と思って気をつけています。
小便は根気しない、水分をとる、とかです。
のち清潔にするのも大切と思いますが、おしもを石けんですすぎすぎるという嬉しい黴菌がなくなってカンジダが出てきて仕舞うみたいなので、コラージュフルフルシリーズの石けんでカビ系の黴菌(カンジダはカビの一種らしいです!)を突き破るようにしています。
(福岡県久留米市 どーなっつくん)
>>オキナゾール腟錠600mgの買い取りは私



中学校の時のカンジダ体験談

1月 3, 2014

【ポピュラー記述】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。
こちらが生まれてはじめて『カンジダ』にかかったのは中学二年生の夏場でした。
テニス部で青春を謳歌し、訓練や同僚間柄にときには苦しむ状況のあった、ごく普通の女の子中学です。
ある日の研修間、妙に股間が痒くなったのを感じました。
ただし周辺が周辺だけに拳固を突っ込んでボリボリといった掻く意味にもいきません。
こちらはひたすらその研修を持ちこたえ、チャイムとともにトイレに走り込み個室の中で肌着の上から思い切り掻いたのです。
折しも時季は夏場。
思春期にかく凄まじい汗の本数も相まって不快感がシーズンです。
これがカンジダの序文でした。
その日からこちらは、考え物の股間の痒みって孤独な反抗が始まりました。
アッという間におさまるだろう、とか、しみになってたのかな(あせもかもしれないと願い)、お風呂でよく股間を洗ったり、肌着を一日二回替えたりって、ささやかな修行はしました。
但し痒みは一向におさまらず、周辺も時間もわきまえずこちらに襲いかかってきます。
あまりの痒みに陰毛をハサミで省略もしました。
夜中も眠りにくくなり、ゼロ週間ほどしてから女の子にようやくお話しました。
「お股が痒くて眠れない」という。
うん、とても恥ずかしかったです。
どう言っていいのかわからず「あっち」という女の子に言うのもためらわれ「お股」と言ったのをよく覚えています。
障害を話したこちらは、女の子に奥さん科に連れられました。
中学に奥さん科はとても怖かったのを覚えています。
性出来事はなかったのですが、そういうことをおっしゃるのだろうかといったメランコリーにもなりました。
しかし、何を置いてもこれ以上我慢はできない痒みだったので、素直に医者の門をくぐりました。
結果から言うと、しみによるカンジダ、についてでした。
しみと言っても入浴や着替えは普通にしていたのですが、夏場という時季、屋外での部活動、自分のボディなどの要因で発症したとのことです。
医者ではカンジダ治療の内服薬と塗り薬がゼロ週間前後、製法されました。
殊に塗り薬を使うのはプレッシャーしましたが、薬のおかけでものの数日で痒みはおさまりました。
掻きすぎた状況によるひっかき創傷もありましたが、これも掻くのをやめられたことで治っていきました。
この疾患はひとたびなると繰り返すことがあるから気をつけてね、という師範に言われたのが、四十路になった今でも忘れられなく、清潔には殊に気を使っています。
また、疲れやストレスを感じた時も出やすいので、やはり何年か後にまたカンジダになってしまった場面から、疲れもできるだけためないようには努めています。
そうしてもカンジダが再発したことはありました。
私の障害はさっそく「痒い」です。
痒くても人前で掻ける周辺ではなく、それもストレスが貯まります。
掻きすぎて創傷になり、眠れないというのも非常に恐ろしい疾患です。
できればカンジダには先行き運命、掛かりたくはないですね……。
(東京豊島区 Pお子さんちゃん)
【ポピュラー記述】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。



カンジダに罹り夫人科に行き治療しました。

8月 21, 2013

自分ではあんまり疲れたと思っていませんでしたが、考えてみると残業が続いていて、不規則な生活を送っている時でした。
パンツに付くありものが常々と違うことに気が付きました。
ネットで調べてみると、いやに〝カッテージチーズのようなぼろぼろとしたおりもの〟がたくさん付くのです。
自分の判断でカンジダだと断言できました。
忙しかったので放置していて自然に治ることを祈っていましたが、そうもいかず、デイリーかゆくて不快でした。
あまりにもかゆさがひどいので他の病気に移行するのではないか、といった心配になってきたので、出勤も多少落ち着いた時にやっと診察を受けるハートをしました。
ところがこちらはその時点でまだまだ1度も婦人科に行ったことがなかったため、いとも反発があり、近所のお医院ちゃんに行って、出たところで知っているクライアントに見られたら…だとか、お医院ちゃんに変な風に思われたら嫌だなぁ、とかいうドキドキがあったため、伺える中で一番高い駅駅舎の、たくさんの患者さんがいて往来手続き系にことが運びそうな病院を調べて、出向くハートを固めました。
真に行ってみると、カンジダ以外の何物でもなく、膣を消毒液のようなもので流し、薬をしみこませて居残るというたんぽんのような物を挿入してすっと施術は終了しました。
お医院ちゃんはクライアントの面構えもよく見てないような老インストラクターで、目論見街角往来手続き系でした。
ナースちゃんや受付の部下のクライアントも流行り手続き系でよかったのですが、多少怖そうなクライアントが多く、私語もよくしていたので噂されていたらどうしよう、と何だかドキドキしながら帰りました。
殊にレシピされた薬もなく、たんぽんのような物はあすくらいに奪い取り、しばらくしたらかゆみも止まっていました。
今ライフで殊に気にしていることはありませんが、もしまたカンジダになったら躊躇せずにぱっと婦人科に行けそうです。
(大阪府箕面市 kariyomiちゃん)



不潔な状態でカンジダに掛かり、メディトリートクリームで治しました。

1月 4, 2013

僕は近頃26年マミーです。
2年齢前にカンジダになってしまいました。
当時の恋人とは身体の関わりはありまして、旦那はあまり清潔感がなく機能もシャワーに入らずに皮膚もつけずに非常に不潔な状態で行っていました。
そうして僕が風邪をひいてしまって免疫力が弱まり耐え難い時に、自分のアソコが異様にかゆくなったりヒリヒリしたりという違和感を感じました。
肌着も白っぽい粉がついていて無秩序は感じましたがその時はカンジダに感染されてるなどという事もわからずにとにかく清潔にしておいたらマシになるだろうと勝手に憧れシャワーで綺麗に洗い流して済ませました。
調子がなおってからアッという間に旦那って機能を通じてしまいましたが、自分のアソコのかゆみはまだまだ継続してあって違和感がありながらもそれとなくの流れで突っ撥ねる事もなくやってしまいました。
その機能の後にしんどいぐらいアソコがかゆくなってしまい、これは性病なのではと多々ネットで調べてみました。
するとそれぞれはカンジダなのではと思い、ともかく薬でも塗ってなおしたくて急いで薬屋に行き大塚製薬のメディトリートクリームというものを購入しました。
料金は1100円ほどでした。
膣周辺に塗布して、1日に2、3回を6太陽ほど続けると何とかアソコの違和感がなくなり回復しました。
それからカンジダ再発症しないために、お風呂上りなどはアソコをよく乾きさせたり織物などがでて肌着が湿っているように憶える時は交換して清潔な肌着を附けるように心がけたりしました。
旦那との機能もとにかくそれぞれ小綺麗の時にしかしないと決めて今の事再びカンジダにかかった事はありません。
(兵庫県内、ななみ君)



長期間の抗生剤の投薬でカンジダが発生しました。

8月 21, 2012

【勢いレポート】再発するカンジダ膣炎を格安の販売薬で治しています。
自分は蓄膿症になってしまって、通院見立てを通していました。
その時に処方箋されたのが抗生剤です。
見立てのために1ケ月タイミング抗生剤を内服するように言われました。
2週間ほどたったある日、何か局部が痒いな、と思いました。
がその日から旅行に行く予定だった結果、クリニックには行かないで我慢するケースにしました。
マイカーで移動中、今までに経験した事がないような痒みに襲われて、もうどうしようもなくて、薬屋に寄ってもらいフェミニーナ軟膏を買いました。

その足でトイレに入り、早速薬を塗りましたが、タームが経ってますます痒みが強くなる先方でした。
しげしげとしていられなくて常にもぞもぞしていました。
旅の夜中、みんなが寝静まっても痒みで眠れなかったので携帯で病名を検索していると「カンジダ膣炎」が酷い見方でした。
夜中眠れないほど痒くて、白いチーズ状の物が付着する。
本当にその通りでした。
そうして、最高峰決定的だったが免疫力が落ちている時や、抗生剤を長期に渡って服用しているとなりやすい、といった書いてあったケースでした。
旅は1泊だったので、帰宅してから近所の産婦人科に電話して、見立てを通していただけるか聞いてみました。(不条理恥ずかしかった!)
すぐ来てくれて大丈夫ですよ、と言ってもらえたので行って検査を通してみると、やっぱりカンジダでした。
見立ては5お天道様に一度、クリニックに通って膣掃除という膣に薬を入れて買う見立て(オキナゾール)でした。
蓄膿症で抗生剤は飲んでいたので、内服は単になしでした。
全部で4~5回通って完治しました。
そうしたら再発もないので、何より抗生剤を長時間飲んだのが発症の原因だったのだと思います。
(千葉県鎌ケ谷市 ひなこさん)

【勢いレポート】再発するカンジダ膣炎を格安の販売薬で治しています。



カンジダのキツイかゆさがエンペシドクリームですっかり治りました。

12月 20, 2010

カンジダにかかったと思ったのは、向こうが強烈にかゆくなったからです。
これはもう必要面白いと思いました。
そのとき月経消息筋だったのですが、余りに事業が忙しくて日帰りナプキンを交代できなかったのです。
それが二太陽続きました。
三太陽瞳ぐらいからだんだんかゆくなってきて、四太陽瞳にはもうとんでもなくかゆくなりました。
急いで医院に行ってカンジダと言われ、エンペシドクリームというカンジダの塗り薬が出ました。

膣錠もあると言われたけど、やむを得ずエンペシドクリーム塗ってみて、たぶん効くから、ので、さっそく塗ったショップ、明日には明らかにかゆみがやわらぎ、翌々日にはだいぶんって安楽になりました。
念のため、連日お風呂のとき丁寧に洗って、エンペシドクリームを塗り付けることを一週間続けました。
カンジダ症はさっぱり治ってほんとにほっとしました。
それ以来、いかに忙しくてもナプキンの交代は必ずするようにしています。
こんなかゆさは本当にもうこりごりです。
掻きたくても掻ける会社じゃないし、涙しそうになるかゆさです。
医院では俺は単に診察されませんでした。
ナプキン交代できなくて、そのあとからかゆくて、と言うと、まちがいなくカンジダといったわかったからでしょうか、すぐにエンペシドクリーム出されておわりでした。
それから大分あとになって、ある日仲よしが、実はいたたまれないんだけど、ものすごく向こうがかゆくて、、、どうしよう、、、って相談してきたので、なんで速く言わなかったの!手早く医院行って!すぐに癒えるんだから!と言うと、なんだー、そうだったのー、変な疾病かと思って悩んでいたと言って、仲よしはすぐに医院へ行き、俺と同じようにすぐに治ってました。
自分、初めてそういうふうに、俄然かゆくなったらびっくりするんでしょうけど、カンジダはべつに変な疾病とかではなく、抵抗力落ちたり、清潔にしていなかったりして、桿菌が増殖したらのぼる疾病で、すぐに直るので、変だなと思ったら、医院に行きましょうね。
(異国、hiro君)
>>エンペシドクリームの堅持は私



3回の錠剤インサートでカンジダバイ菌排撃しました。

12月 20, 2010

ある日の夜更け、お風呂も済ませてベッドに入ろうとした瞬間、オチンチンに痒みといった違和感を感じました。
それまでにも、ナプキンやおりもの資料にかぶれたりして、痒みを感じたりする事があったので、常備しているフェミニーナ軟膏をいつもの様に塗って眠りました。
翌朝、強いオチンチンの痒みで目覚めました。異常に痒くこれまで経験した痒みとは明らかに異なりましたが、まずまたフェミニーナ軟膏を塗って本業に行きました。
しかし、痒みは全く治まらずますます酷くなり、おりものの量がいつもより多くなっていましたので、性病にかかってしまったのではないかと不安になり、その日の夜に夫人科を受診しました。
来院結果は「生産診断の結果は数日かかりますが、カンジダだろう」告げられました。
「これは、性病では無くて流感みたいなものです。疲れた瞬間なんかにも起こります。」って医者。
ちょうど1ウィーク予行、様態が優れないのに亭主という旅館に行ったのが契機となったのかもしれません。
その日は、膣洗いをして膣の中に挿入するお薬の膣錠を入れてもらいました。
お薬は『抗真桿菌剤ビスコポールクリーム1パーセンテージ』の軟膏を処方され、1ウィーク後に受診する様に言われました。
クリニックで膣剤を入れてもらい、軟膏をつけるとずいぶん落ち着きましたが、まだ痒みはありました。
あす昼過ぎ、仕事中に痒みが増してきて違和感を覚えたので便所に行ってみるといった、誠にパンツに白い膣剤が出てしまってました。
そのあす、また夫人科に行き再び膣剤を入れてもらいました。その時、診断結果も出ていて「やっぱりカンジダ」だと告げられました。
それから2,3太陽で痒みも無くなりましたが、1ウィーク後の来院では3度目の膣剤を入れられました。
7太陽その後、ふたたび生産診断をし、その1ウィーク後の(はじめて夫人科を受診してから3ウィークその後)診断数字で回復となったのでした。
今では、危ういかも?という時には、気休めかもしれませんがティーツリーオイルをありもの資料に1滴垂らして、滅菌・消毒しています。
(京都市, 東山区,  yoshikochanちゃん)



カンジダにかかり初めて、婦人科に行きました。

12月 20, 2010

俺がカンジダになったのは、月の物の週間今しがたでした。
肝要の不満で素晴らしく疲れている状況でした。
繊細辺りが異様にかゆく、肝要の時もじっとしてられないくらいのかゆみでした。
また、いつもと違うおりものが出てきました。
インターネットで異常を調べると、カンジダの異常に似ている・・・と思い、近くの女子科を探しました。
肝要の都合で、診療に行けたのはかゆみが発生してから3太陽後でした。
おバスの時体手ぬぐいでごしごしこすってしまったので、少し切れた雰囲気もありこれ以上我慢できないと思い、肝要が終わってからすぐ女子科に向かいました。
初めの産婦人科だったので、適当もわからず不安でしたが、喜ばしい教官に巡り合えたと思います。
カンジダかどうかは診察しないとわからないが恐らく引っかかるので、その場で洗浄し、錠剤を入れてもらいました。
まずは3太陽食い分ので、エンペシド錠剤ってチンダベート軟膏をもらって、その日は帰宅しました。
あれほどかゆかったのに、翌朝にはかゆみは収まっていました。
それから3日間は自分で錠剤を入れてすごし、3太陽後に再診しました。
まだ結果はでていませんでしたが、かゆみが収まったのであればほぼほぼ請け合いので、またクリーニングといった錠剤、3太陽分の錠剤をもらい帰宅しました。
月の物間隔も伝えており、3太陽の間に月の物がきてしまったので、3回目の診療はそれから週間半後でした。
その位には成績もでており、原則カンジダで請け合いとのことでした。
その日もクリーニング、錠剤をいれてもらい、錠剤挿入が計10回とのことで、残りの錠剤をもらって女子科の診療は終わりました。
初診料含めて、診療3回で主流6000円も行かなかったと思います。
原因は恐らく、ナプキン、おりという席順をあまり変えなかったことではないかと思い、それからは通気を鋭くし、湿度を高めないためにも、ナプキン、おりという席順を適度に変えて清潔にしています。
今再発もしていないので、先々気を付けて過ごしていきたいと思います。
(ゾーン:大阪府豊中市宝山街 姓名:K・I氏)



気持ち悪い程の陰部の痒みでクリニックで治療しました。

12月 20, 2010

ぼくが就業で自宅にもろくに帰れなかった年月です。
衛生的に汚かったから、痒みが出て来てしまったと思ったのですが、それは違った様です。
就業が多忙で、疲弊からカンジタ症にかかってしまいました。
陰部が痒く、カンジタ症は、粉チーズ系なおりものに変わると言われましたが、自分の場合は、痒みと赤みが酷かっただけで、おりものそのものの変化はありませんでした。
但し、痒みは異常な程ありました。
就業が慌ただしい中ではありましたが、痒みに耐えられず暫くしたら病棟へといった診察しました。
一気にカンジタ症でしょうって受診され、診療結果は1週引き返しとの事でしたが、その日から目に見えて受診できるからといった、陰部に薬物を投入してくださいました。
最初のお越しチャージは初診料等もあり、3000円程度しましたが、次からのお越しは500円程で済み、時間も30分等でした。
塗り薬等は出ず、完璧に治す為にと、3週通院し、1週に1都度お薬を入れてもらいました。
ただし、途中で月経という重なってしまい、手当て自体は4週に伸びたのですが、ぼくは就業の都合で3週だけ通院しました。
1都度薬を入れてもらうと2・3お日様で不調は緩和され、次は行かなくてもイイのではないかと考える位でした。
出来るだけ、現在は疲弊をためない様には出来ないので、洗い過ぎも良くないと聞いた結果、清潔には保つが無理に洗い過ぎない項目、織物書類は付けない様に等感性づけています。
又、ネットでカンジタ症の薬を売っている様なので、今後はそれも購入し、保険に持っておきたいなと思っています。
(鹿児島県内出水市、こっちん君)