Posts Tagged ‘抗真菌剤ビスコポールクリーム1百分比出荷 抗真菌剤ビスコポールクリーム1百分比通販’

3回の錠剤インサートでカンジダバイ菌排撃しました。

12月 20, 2010

ある日の夜更け、お風呂も済ませてベッドに入ろうとした瞬間、オチンチンに痒みといった違和感を感じました。
それまでにも、ナプキンやおりもの資料にかぶれたりして、痒みを感じたりする事があったので、常備しているフェミニーナ軟膏をいつもの様に塗って眠りました。
翌朝、強いオチンチンの痒みで目覚めました。異常に痒くこれまで経験した痒みとは明らかに異なりましたが、まずまたフェミニーナ軟膏を塗って本業に行きました。
しかし、痒みは全く治まらずますます酷くなり、おりものの量がいつもより多くなっていましたので、性病にかかってしまったのではないかと不安になり、その日の夜に夫人科を受診しました。
来院結果は「生産診断の結果は数日かかりますが、カンジダだろう」告げられました。
「これは、性病では無くて流感みたいなものです。疲れた瞬間なんかにも起こります。」って医者。
ちょうど1ウィーク予行、様態が優れないのに亭主という旅館に行ったのが契機となったのかもしれません。
その日は、膣洗いをして膣の中に挿入するお薬の膣錠を入れてもらいました。
お薬は『抗真桿菌剤ビスコポールクリーム1パーセンテージ』の軟膏を処方され、1ウィーク後に受診する様に言われました。
クリニックで膣剤を入れてもらい、軟膏をつけるとずいぶん落ち着きましたが、まだ痒みはありました。
あす昼過ぎ、仕事中に痒みが増してきて違和感を覚えたので便所に行ってみるといった、誠にパンツに白い膣剤が出てしまってました。
そのあす、また夫人科に行き再び膣剤を入れてもらいました。その時、診断結果も出ていて「やっぱりカンジダ」だと告げられました。
それから2,3太陽で痒みも無くなりましたが、1ウィーク後の来院では3度目の膣剤を入れられました。
7太陽その後、ふたたび生産診断をし、その1ウィーク後の(はじめて夫人科を受診してから3ウィークその後)診断数字で回復となったのでした。
今では、危ういかも?という時には、気休めかもしれませんがティーツリーオイルをありもの資料に1滴垂らして、滅菌・消毒しています。
(京都市, 東山区,  yoshikochanちゃん)



広告